« みんな連れて来た | トップページ | 方向転換 »

2011年7月30日 (土)

時代は変わる?

            


同世代とはいえ、事業を運営している「立場ある」人たちとコーチングセッションをしていると「若い社員達を単なる労働力として雇用するのではなく、力をつけさせ、喰っていけるだけのスキルを身につけさせてあげたい。給与で報いてあげることができない時代であるからなおさら…」などの言葉が返ってくる。若く安価な労働力を使うだけ使い、一人前になると切り捨てて使い回すのがすでに常態となっている今日、以前の「日本型経営」の代名詞でもあった「終身雇用制度」をポジティブに捉え直そうというのだ。

「継続か?廃炉か?」をめぐる原発に関する動きは今後大きな問題として社会を揺るがせることになると思うが、脱原発後の社会のあり方を考えるとき、これまでの私たちライフスタイルや価値観のひとつひとつをも検証する必要があると考える。

先に記載した考え方もバブル以前の日本では当然のように行われていたことであり、だからといってバブル以前に子供時代を送った私たち世代が「貧しい」と感じたことは一度もない。(少なくとも友人達はみなそのように言う。)

脱原発後の社会へのヒントは、少し前の日本には息づいていたものの再評価の中にあるのかもしれない。そして私個人としてはそれはそれほど難しいことではない。


(映像は9.11後の麗欄のライブ映像ですが、歌詞がむしろ現在の状況にぴったりかと思って貼付けておきます。はたして「時代は変わる」のか?)

« みんな連れて来た | トップページ | 方向転換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/41017740

この記事へのトラックバック一覧です: 時代は変わる?:

« みんな連れて来た | トップページ | 方向転換 »