« 大丈夫、大丈夫… | トップページ | 秀才は原発を維持できない »

2011年8月19日 (金)

やっと出た、ついに出た!「ふくしま 新発売。」

"不安を払拭するのは気合いや根性や威勢のいいかけ声ではなく「原発事故の収束」ときめ細かな調査に基づいた「科学的なデーターの公表」しかないと考える…”などと17日に記事をアップしたら、その日に福島県は農林水産物のモニタリング情報を「ふくしま 新発売。」と題して新たなホームページで公表を始めていた。
http://www.new fukushima.jp/index.html


100パーセントの安心を手に入れた訳ではないけれど、このデーターと今後つき合っていかなければならいないのは福島県人だけではないはず。そしてこのような取り組みが全国に広がること、店頭で購入したもののデーターが即確認出来るようになればもっといいと思う。

でもまずは貴重な一歩を踏み出してくれて、ありがとう。

※とても綺麗なホームページです。みなさん、見て下さい!!


« 大丈夫、大丈夫… | トップページ | 秀才は原発を維持できない »

コメント

以下のURLはいわき市北部の農家のプログです。
「ふくしま新発売。笑わせるな」
http://ameblo.jp/noukanomuko/entry-10992569626.html
データ公表は確かに第一歩ですが、農家の悲鳴はまだまだのようです。

山ちゃん、僕のブログの数少ない読者になってくれてありがとう。

紹介してくれた方のブログ、コメント欄まで隅から隅まで読ませていただきました。
この方の意見もその通りなら、コメント欄の意見もその通りで、つまりはどちらも被
害者なのだというのが僕の感想です。

もはや福島県だけでなく東京だって、千葉県だって関東地方は汚染地域である事が公表
されている以上福島県人でなくても日本人はみな当事者なんだからね。

虫眼鏡で光を集めて炎を上げるように、皆の怒りの矛先を東電や政府に集中するべき時
なんだよね。

福島県人はこの方のようにもっともっと「怒り」の声を上げた方がいいんだよ。

それでも「ふくしま 新発売。」を僕が買っている理由は暫定基準値以下の数字も不検出
とせず記載している点です。

まだまだだと思う点は、このホームページではなく国や自治体の取り組みの問題ですが、
小売店で購買時に消費者各自が品物の検査を行えるような体制を作り出せていないという
点です。

「ふくしま 新発売。」のデーターはサンプリング検査だから厳密には不安は払拭できない
ということです。

今日のお昼のニユースで福島県の農家の取り組みとして自分で収穫時に放射能検査を行い、さらに契約している東京の店頭でも消費者自らにに微量放射能の検査をしてもらえる体制を作り上げた方がいると伝えていました。

このような動きを国や東電がやるべきだと思うのです。(その前に除染や補償は当然の事です。)

ベクレル検査機を国を挙げて大量生産するとかさ、

ケイタイだってこれだけ広がっているんなら、ガイガーカウンター機能を全てに搭載するとか
さ。

紹介してくれた方のブログ、同じ福島県人としてこれからも拝見させて頂きます。
ありがとう。

返信ありがとう。
確かに「ふくしま 新発売。」は誤魔化さず、暫定基準値以下の数字も不検出とせず記載している点は評価できますね。

放射線測定機については以下の報道がありました。

10月に日用品大手のエステー株式会社が家庭用の放射線測定器を1万5750円で発売
http://www.st-c.co.jp/topics/2011/000387.html

京大 中村助教開発の放射線センサー「シンチレックス」9月市販化、価格は1万円以下予定
Wall Street Journal
http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/07/04/%EF%BD%90%EF%BD%85%EF%BD%94%E6%A8%B9%E8%84%82%E3%81%8B%E3%82%89%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E6%A4%9C%E5%87%BA%E5%99%A8%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%8D/
京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110629_1.htm

少しずつ、消費者にも測定機購入の波が広がっていくだろうと感じます。

放射能との付き合いは長期化することが必須なので、あまり疲れないように向かっていきたいと思う今日この頃です。

ほらほら、いろんなアイディアがでてきたじゃないか!
日本の技術力はこの問題に対してまだまだ本気をだしていないんだよ。

ただ予算とかつけてやらなきゃいけないからそこは政府が後押ししなきゃ
ならないいところだと思う。

海外にもいろいろな知恵やアイディアが埋もれているはずだから、史上最高の
円高なんだし、それらをどんどん買収して復興にでも収束にでも使えば良いんだよね。

ちなみにいわきではガイガーカウンターはすでに多くの人が携帯しています。
もうすぐ日本中がそうなるだろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと出た、ついに出た!「ふくしま 新発売。」:

« 大丈夫、大丈夫… | トップページ | 秀才は原発を維持できない »