« ハイハーバーでの日々 | トップページ | 詩人の目 »

2011年8月 1日 (月)

これって世論操作?

昨夜、「Mr.サンデー」なる番組で、「世界高放射線を測る旅 南米、ローマで驚いた」と題してローマやブラジルでは日本より放射線量が高く、20〜30マイクロシーベルト/アワーでも全く健康に影響なく現地の人々が生活しているという内容を伝えていた。
自然放射能と原発事故により発生する人工放射能を分けて考える事なく制作されるこの手の番組に、一部勢力による世論操作の意図を感じ取ってしまうのは私だけだろうか?

あれを見て「なぁ〜んだ、放射能、放射能って騒ぎ過ぎじゃない?」と思った人はちょっと待って。私たちは3/11以降未知の領域に入ったのだから、知らない事は安易に判断せずにまずは勉強しよう。

私が信頼出来ると思ったいくつかの発言の中からまずはこの方のものから。

           

※市川定夫著「環境学」より
「人工放射線も自然放射線も、生物や人体にたいする影響は同じである」との前提は間違いである。人工放射性核種には、生体内で著しく濃縮されるものが多く、それゆえに大きな体内被曝をもたらすという、自然放射性核種には見られない特質がある。それはなぜかというと、生物の進化と適応の過程と密接な関係がある。
この地球上には、生物が現れる以前から、自然放射性核種が存在していた。その代表的なものが カリウム40である。私たちは宇宙線、地殻中からのもの、食物などを通して体内に入ったもの、合わせると、年間850マイクロシーベルト前後の自然放射線の被曝を受けている。
自然放射線のうち、体内被曝と、地殻からの対外被曝の大部分はカリウム40である。これは、生物にとって重要な元素であるから、否応なしに体内に入ってくる。しかしカリウムの代謝は早く、どんな生物もカリウム濃度をほぼ一定に保つ機能を持っているため、カリウム40が体内に蓄積することはない。生物が、その進化の過程で獲得してきた適応の結果なのである。
次に多いのはラドンであるが、希ガスであるため、体内に取り込まれたり濃縮されることはなく、すぐ体内から出ていく。
これらの自然放性物質と異なり、著しい生体濃縮を示す人工放射性物質は、いずれも自然界には存在しないものである。
例えば、ヨウ素がそうである。天然のヨウ素は、その100%が非放射性であり、生物は、この非放射性のヨウ素に適応して、哺乳動物なら、それを甲状腺に選択的に集めて、成長ホルモンをつくるのに活用する性質を獲得している。
また、ヨウ素は、海に豊富に存在するが、陸上には乏しいため、進化の途上で陸上に生息するようになった植物は、ヨウ素を効率よく高濃縮する性質を獲得してきている。つまり、現在の高等植物がヨウ素を空気中から体内に何百万倍にも濃縮したり、哺乳動物がヨウ素を甲状腺に集めるのは、いずれも、天然の非放射性ヨウ素に適応した、みごとな能力なのである。
ところが、人類が原子力によって、放射性ヨウ素をつくり出すと、進化の過程で獲得した、こうした貴重な適応が、たちまち悲しい宿命に一変し、その放射性ヨウ素をどんどん濃縮して、体内から大きな被曝を受けることになってしまうのである。
ストロンチウムも同じである。この元素の自然界での存在量はわずかであるが、この元素と科学的性質が同じカルシウムが大量に存在し、生物にとって重要な元素の一つとなっている。天然のカルシウムには、放射性のものが存在せず、それゆえ生物は、この元素を積極的に取り込んで、骨、歯、鳥の卵殻、貝殻、エビやカニの甲羅などをつくっている。つまり、カルシウムをこれら組織に蓄積、濃縮するのである。このカルシウムと化学的性質が同じストロンチウムも、これら組織に沈着、濃縮される。したがって、原子力によってスチロンチウム90をつくり出すと、28年という長い半減期をもつこの人工放射性核種が、これら組織に沈着、濃縮されることになる。ストロンチウムはベータ線をだして、骨髄などの組織に集中的な被曝をもたらす。
このように、人工放射性核種は、自然界になかったものであるため、生物をあざむき、生物が長大な進化の過程で築きあげたきた貴重な性質が、たちまち悲しい宿命に一変するのである。そして、このことこそが、原子力の最大の問題である。(転載終了)

« ハイハーバーでの日々 | トップページ | 詩人の目 »

コメント

お久しぶりです。(Y之口です)
大手マスコミは今回の震災で駄目駄目なことが明白になったと思う。
政府もそうだけど、大きな組織は今回の震災で機能的に動けないことが多かった。例外は自衛隊くらいかなと思います。

フジテレビについては以下のサイトを参照してください。
http://tanakaryusaku.jp/2011/05/0002291

山ちゃんお久しぶりです。よくぞこのブログ探し出してくれました。そして貴重な情報をありがとう。日本のマスコミが腐っている事は僕らは学生のころから知っていたけれどまさかここまでとはね。

経済重視か生命尊重かで日本は今以上に真っ二つに分かれると思うけど、ほら、僕らは「ホピの予言」で語られたスピリチュアルウェイを標榜した人間だから…。

こうとなってしまったからにはぶれないで生きたいんだよね。僕は。

また、コメント下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/41044655

この記事へのトラックバック一覧です: これって世論操作?:

« ハイハーバーでの日々 | トップページ | 詩人の目 »