« レインボープランと虹の戦士 | トップページ | 今食卓にある危機〜「未来の食卓」を見て »

2011年8月 4日 (木)

双葉断層は福島第一原発の裏を通っていわき市にまで伸びている

Futabasaurus

私の郷里福島県いわき市には「石炭・化石館ほるる」がある。震災で一時休館していたようだが、7月20日に再オープンしたようだ。

そこには昭和43年に地元いわき市の当時高校生だつた鈴木直氏によって発見されたフタバスズキリュウ(フタバサウルススズキィ)の化石が展示されている。

日本国内で初めて発見された首長竜として知られるこの海竜は「ドラえもん のび太の恐竜」でフタバスズキリュウの「ピー助」として登場して地元の子供達にも親しまれてきた。

Dorads_2

またかつて「鉄腕ダッシュ」で「恐竜発掘プロジェクト」なるものがこの化石の発見現場の近くで行われた際には一躍全国的に有名になったりもした。

さて、いわき市大久町で発見されたこの恐竜の化石になぜ「フタバ」と名付けられているのか?地元の人間ならみなわかることだが、それは「双葉層」という地層から発見されたからだ。

この事実から私は長い間「双葉断層はいわきまで伸びて存在している」と認識してきたが、最近、今後巨大地震を引き起こすとして注目されている双葉断層、牛伏寺断層、立川断層がテレビで取り上げられる際、双葉断層を示すラインがいわきまで伸びていないことが気になっている。

テレビで示されるラインは宮城県の南部から南へ福島第一原発の上で止まっており、原発の頭の上に存在する「双葉町」すら通っていないのだ!双葉を通らない双葉断層っておかしくないか?

福島第一原発は今後も巨大地震に襲われる可能性があることを、メディアも意図的に隠蔽しようとしていることが見え見えだ。

パニックは事実を隠す事ではなく公開することで回避できることに、この期に及んでまだ気づかないのだろうか?

※記載中に関連するブログを見つけましたのでアドレスを貼付けておきます。

http://d.hatena.ne.jp/chamuchamu/20110609/1307628371

上記のブログがうまく機能しないようなので、ウィキペディアで確認を。

http://ja.wikipedia.org/wiki/双葉断層


« レインボープランと虹の戦士 | トップページ | 今食卓にある危機〜「未来の食卓」を見て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/41084133

この記事へのトラックバック一覧です: 双葉断層は福島第一原発の裏を通っていわき市にまで伸びている:

« レインボープランと虹の戦士 | トップページ | 今食卓にある危機〜「未来の食卓」を見て »