« 2勝目 | トップページ | この国を愛する方法は他にあるはず »

2011年10月27日 (木)

偉大なる浄化の日はすでに始まっているのに…。

              754pxwalpi_arizona

原発事故の件もTPPの件も対立の根底にあるのは「経済優先か生命尊重か?」というところにある。

TPPに関しては関税がなくなればこれまで以上に安い農産物が日本に入り日本の農家が打撃を受けるということが懸念されているが、それ以上に問題なのは農地を含めた日本の「資本」が他国に渡りかねないという所にあるように思う。

例えば農協が解体・株式化され、株をアメリカに買い占められるようなことになれば、日本は安全保障だけでなく「食料」「農地」においても他国に権益を奪われることになる。立場は50:50かもしれないが、こういうことにかけてはアメリカという国の巧妙さに日本は「お人好し」過ぎて太刀打ち出来るように思えないのだ。

全くの不勉強でほとんど直感だけを頼りに書いているので見当違いかもしれない。ただ私の基本的な姿勢は「生命尊重」であり「伝統の保護」というところにあるので、資本原理だけで世界を覆い尽くそうとする「アメリカ発」のグローバル化には警戒心が強いのだ。

今から20年以上前にネイティブ・アメリカン「ホピ族」のラスト・メッセンジャーであった故トーマス・バニヤッカ氏の自宅で「世界の終末」にまつわるレッスンを受けた私は彼の「不祥の生徒」である。

その後の私の人生は彼に顔向けできるようなものではなかったし、話された多くのことを私は忘れているのかもしれない。それでも彼の言葉のいくつかはいつも私の中にあった。

「目の前にマテリアル・ウェイ(物質への道)とスピリチュアル・ウェイ(精神の道)があったらお前はどちらの道を選ぶのか? いずれどちらかを選ばねばならない時が来る。」

彼に「なぜこれほど長い間あなたたちはアメリカに抵抗し続けることができるのか?」と私が尋ねると、
「ついこの間までお前達日本人もアメリカ合衆国と精神を武器に戦っていたではないか?」と微笑まれた。

多くの言葉を得たが、私が一番印象に残っているのは
「男が頑張るとそれは金儲けか喧嘩にしかならない。母なる地球はやんちゃな男の子達の散らかしも、食いしん坊の食べ残しもいつかは自分で片付けてくれると寛容に受け止めていたようだが、どうやらそうでないことに気づき始めている。今は腕まくりをして母は自分で大掃除をしようとしているところだ。そしてそれに合わせて女性の時代が来るので、その時は本当に賢く強い女性の後について行くがいい。男は女性に力を貸すだけでいいのだ。」
というものだ。

それは「生命の側に立つ」ということではないのか?

現在ではネット上で、ホピの予言については多くの記述が見られるのでそれについて詳しくは触れないが、この目で見た予言の岩絵には「灰の詰まったヒョウタン(広島と長崎に投下された原子爆弾)」を表す二つの円の後ろにもう一つ「謎」とされた円が描かれており、それを乗り越えた先に植物と暮らす人間の絵が描かれていた。

             Hopi0413


その円はホピが「偉大なる浄化の日」と呼ぶ地球規模で起る自然災害の事かもしれないし、今回の放射能事故かもしれない。
どちらにせよ私たちは今一度生命の側に立ち、これを乗り越えなければならない。

ホピの9番目の予言は最後の予言でもあるがそれは以下のようなものだ。

「天界の居住施設が大音声とともに落下して地表に激突する。」

人工衛星が落ちてくるのがあたりまえとなった世界。すでに浄化の日は始まっている。


« 2勝目 | トップページ | この国を愛する方法は他にあるはず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/42709684

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なる浄化の日はすでに始まっているのに…。:

« 2勝目 | トップページ | この国を愛する方法は他にあるはず »