« 11・23 福島県人大望年会 in 長井 | トップページ | 初出勤、初出場!レインボープラン市民農場 »

2011年11月30日 (水)

ありがとう、鎌倉

             

前回報告した「福島県人大望年会」の翌日、11月24日から28日まで私たち家族は神奈川県鎌倉市で時を過ごした。

9月に長井を訪ねてくれた鎌倉市に住む古くからの友人に、旅行をプレゼントされるという身の震えるようなご好意に一家4人、思いっきり甘える形での滞在となった。

初日は学生時代を過ごした三鷹市にある「ジブリの森美術館」を見学し、夜7:30に鎌倉入り。

七里ケ浜沿いにある鎌倉プリンスホテルhttp://www.princehotels.co.jp/kamakura/
は海から40m以上の高台に位置し、震災で海沿いに滞在することに少なからず恐怖心の残る東北人に対する友人夫婦の細やかな配慮が感じられて嬉しかった。

さて、その後は怒濤のグルメ・サーキット。ボータン、コマチーネと鎌倉通でなければ通えそうにないそれらの店で彼らにとって馴染みの料理人が繰り出す料理、選ばれた自然派のワインの品々。どれもいわき市で洋食屋を営み料理人だった妻を唸らせるものばかりだった。(私は「海鳴」と書いて「うなる」と読ませるラーメン屋の「味噌煮干しラーメン」に本当に唸った。「ウ〜ン、うまい!!」)

おまけに自宅にも招かれ、巨大なワイン・セラーから選び抜かれたワインも最高だった。部屋にディランが流れていたのも良かった。曲は「運命のひとひねり」

人力車、大仏、鶴岡八幡宮などなど抑える所はしっかり抑えたが、やはり一番の感激は27日夜に用意されていたパーティ。このご夫婦同様、私が突然東京から姿をくらましてから23年間、連絡のやり取りも含めただの一度も会うことがなかった旧知の人々との再会は感慨深いものがあった。

中でも、原発事故が会ったとき私たちのことを心配してくれていたこと、3月14日にいわきを脱出したことをある筋から聞き、手を打って喜んだなど、恐縮するような話しも出てきて、生来の己の「筆無精」を心から恥じたりもした。

印象的だったのは、久しぶりにあった友人、先輩達が皆原発事故に高い関心をもっており、そのことをハッキリ口にしていたことだ。初日の三鷹で東京の人々を見て、皆が私たちの前で何かを演じているのではないか?という感覚に襲われた私は、外側の世界からまた元いた内側の世界に戻ってしまった「トゥルーマン」のように感じていたが、内側にも同じ真実に気づいてしまった人たちを見つける事ができた。それが彼らであったことが嬉しい。

若き日にR&R、R&Bで育まれた感性は伊達ではなかったということか。

U野夫妻に心からの感謝を。そしてみなさん、会えて嬉しかったです。ありがとう。時代の転換期におけるこの再会。偶然なんかじゃないし、偶然にはしない。今度は20年以上も時をあけるのはやめにしよう。

※アップしたのは私が好きな鎌倉のうた。映し出される季節はちがうけど、私から鎌倉へ愛を込めて。

« 11・23 福島県人大望年会 in 長井 | トップページ | 初出勤、初出場!レインボープラン市民農場 »

コメント

内側にも同じ真実に気づいてしまった人たちを見つける事ができた。それが彼らであったことが嬉しい・・・全く、オレもそう思った。オレは泣きそうだよ。

こちらこそ、ありがとう。20年の月日は無駄じゃなかったね。それぞれの人生があり、親になり、友達も広がった中で気づきがあり、そのうえで会えたこの企画でした。学生時代の仲間ばかりじゃなくて、いろんなところから人が集まったんだけど、皆、同じ真実にきづいている。TVや新聞(東京新聞を除く)だけを信じているわけじゃないのだと、確信しました。続けよう、行動しよう、日本だけじゃなくて、世界をつなごう。日出る国の日本が世界を沈めることにならないように。
ところで、改めて、思ったんだけど、二人揃うとパワー倍増するよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/43205912

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、鎌倉:

« 11・23 福島県人大望年会 in 長井 | トップページ | 初出勤、初出場!レインボープラン市民農場 »