« これでいいの? | トップページ | 私のアルカディア »

2012年2月11日 (土)

木村拓哉はジョン・レノンになれるだろうか?

             
             
もし、日本のアイドルグループのメンバーが反戦や反核、反原発といった国家との対決姿勢を打ち出したらどんな事になるのだろう?

昔はキャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」とステージで宣言して解散してしまったり、山口百恵が三浦友和との結婚宣言後に引退したということが世の中をにぎわせたものだが、現代の若者なら「何でそんなことで大騒ぎできるの?」って感じだ。

トップ女優の黒木メイサの妊娠発覚で赤西仁が事務所に事後報告なんて、昔だった大スキャンダルのはずなのに現代では「ふ〜ん」てな感じだろう。(俺は違う!今朝の新聞のSUBARUの全面広告のモデルは黒木メイサだった。クッソー赤西、俺の許可も取らずに…。)

アイドルを含め芸能人は身を持ち崩す方ではもはや何でもありの状況のようだが“志が高い”故にはみ出して行く奴はいなのだろうか?

海外に、そして過去に目を向ければ私たちは巨大な前例を目撃することができるのだが。

その前例とはやはり20世紀最大のアイドルグループ・ビートルズだ。

1965年人気絶頂のビートルズはニューヨークのシェイ・スタジアムで55600人の観客を集めた野外コンサート(世界初のスタジアムコンサート!)を成功させ、その年の10月に、メンバー全員がMBE勲章を授与されたりしている。

だが、アイドルとして全盛を極めたこの年に発表されたアルバム「HELP」には当時アメリカで社会問題を告発するプロテストシンガーとして脚光を浴びていたボブ・ディランの影響とされるナンバー「You've Got to Hide Your Love Away(邦題『悲しみをぶっばせ!』)」がジョン・レノンの手によって盛り込まれており、ジョンはこの頃からすでに何かを言いたくてウズウズしていたことが聞き取れる。(そもそもHELPという大ヒットナンバーが当時の心情を激白したものだったと後にジョンはインタビューで語っているが。)

翌年ジョンはかの有名な「キリスト発言」によって物議をかもすことになり、その後ヨーコと出会う事により彼はますます社会的な発言を強めていくことになるのだが、その後の反戦活動に至っては書くまでもないのでやめる。

なぜこんな事を長々と書いてしまったかというと、今日たまたまSMAPの「僕の半分」をネットで見た際、それが齋藤和義の手によるものだと知って、ふとディランをパロッたジョン・レノンを連想してしまったからである。

齋藤和義はこの原発事故のあといち早く反応を示し、自らのナンバーを替え歌にして反原発を訴えた、現在のところ唯一のメジャーレーベルで活躍するロッカーだが、そのアーティストの作品をあえてこの時期にSMAPが取り上げたのには何か意図はないのだろうか?

SMAPといえば言わずと知れたトップアイドルグループだが、これまでのヒット曲に関しては楽曲を提供するアテーティスの選択に定評があり、過去に「夜空ノムコウ」を取り上げた際には当時まだ認知されていなかった、作家スガ・シカオを楽曲共々広く知らしめた例がある。

そのSMAPが齋藤和義である。トップアイドルグループが反原発を声高に訴えるわけにはいかないのはわかるが、あえて齋藤の曲をここで取り上げるのは後ろからこの「反原発ロッカー」を支持している格好だ。

それにキムタク。一人だけ腰掛けてアコースティク・ギターを弾くなんて、明らかに何かを訴えたそうに見えるのだが、それは私だけだろうか?

絶対にありえない話しだろうが、私はSMAPが「僕の半分」ではなく、「ずっとウソだった」を取り上げ、それを歌うキムタクの後ろでメンバーが踊りまくる姿が見てみたい。EXILEにはダンスでかなわず、嵐にトップの座を奪われたかに見える彼らに残された最後の手段はプロテストアイドルの道ではないのか?

そのためにはキムタクにもヨーコ・オノのような活動家の妻が必要なのかもしれない。

キムタクがジョンにというよりは、静香がヨーコになれるかって話しかな、これは…。

※偶然だけど齋藤和義の映像が終わると桜井君やブルーハーツが続き、反原発ソング特集といったラインナップが続く。木村君、せめて桜井君ぐらいならやれないかなぁ?

« これでいいの? | トップページ | 私のアルカディア »

コメント

 芸の世界で社会を変革できるのは自らの力で何かを作り出し、それにより世界中に具体的なマーケットを持っている人だけです。つまり真のアーティストだけです。キムタクに限らず日本の芸能人は大きく「放送業界」という会社に勤めている社員のようなものなので、自社の不利益なるようなことは一切しないし出来ない。また発言したとしても何の足しにもならないでしょう。

 レノンはイギリス社会からほされてもアメリカ、アメリカがだめなら日本、日本が・・・というように、つまり地球規模のマーケットがあるため国家という概念にいくら拒否されても経済的には何も失わず生きていくことができ、また人のマインドに関るアートにより影響力を持った人なのでその発言は多くの人を揺り動かしたのだと思います。

 キムタクがジョン・レノンになれるか?という命題だけに答えるとすれば全然無理です。レベルがゾウとアリくらい違うと言うか、日本の芸能人は一人残らず無理です。芸能人というだけで。可能性があるとすれば真のアーティストだけですが、そんな人は誰もいません。その点で日本はすでに敗北しているのです。

 芸能人なんか今のままで別に全く良いと思いますが。


 

花男さん、コメントありがとうございます。
「日本はすでに敗北している…」まったくおっしゃる通りでありまして、「ゾウとアリくらい違う」と承知のうえで、ふとはかない夢を見てしまったものとご理解ください。

原発54基に支えられながら作り上げた経済力と繁栄も、結局この地球規模の大事故に対して真摯に向き合おうとせず、何ら有効な世論を形作れない(作らない)マスコミおよび大衆しか生み出せなかったということで、それは原発を撤廃する理由のひとつになり得ると思います。

地球規模の放射能汚染を引き起こす程のエネルギーを使って豊かな生活を享受していたアリの一員として「何かを変えねば」と思いますし、テレビの中にいるアリにも無茶な期待を抱いてしまったのでした。

でも、アリからでも何かを始めなければならないシビアな状況であることはまちがいありません。

 別に日本に限らず有事の際はマスコミなんてアメリカでもイラクでもどこでも同じようなものなんじゃないか?9・11の時のアメリカだってそりゃひどいもんだった。

 ボクはテレビや新聞が世論だとは思っていない。これは原発事故以前から、昔から。メデイァというのは権力の機関で、それに携わっている人は末端の芸人までがその当事者だと思うんだよね。

 それに現状を変えるのムードや声の数ではないと思うよ。

そうですね。そんなわけでかすかな希望としてインターネットで玉石混合の中から有効と思われる情報を探したり、友人とつながり情報を交換したりということになるのだと思いますが、そのような行為も風前の灯かも。(こちらをご覧下さい)
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/1193956_629.html

“1984”の世界まであと一歩ということか。

ますます言葉が機能しない世界に突入するのをただ傍観するしかないということですかね?

キムタクの凄さが私にはイマイチわからないので、
世の中がキムタクに期待(というか有難がる風潮?)は理解できないのですが、
彼なら何かをメッセージとして発しても許される、というのは分かります。
今までのアイドルと違って「メッセージを持っている」姿勢自体がかっこいい(みたいだ)から。

個人的には福島県に駆けつけた猪苗代湖ズの一員?の福山雅治に期待したいところです。彼は吹石一恵と熱愛報道(私は認めない)があっても、「絶滅危惧種の保護」のような視点で温かく見守られるという稀有な存在です。
「彼のような種が滅びてはいけない」という(笑)
かっこつけなくてもかっこいいから、何をしても許されるのだそうです。
嫌味ないしね。

そして、私が何を言いたいか、というと
「福島の人が全国で(全世界で)一番怒っていい存在だ」ということです。
福島の人は何を発言してもそれは「経験者」「当事者」として
扱われるべき存在です。
それなのに、
福島県で子どもを持っているお母さんは一生懸命、
でも、(男の人は)原発マネーがあったことも事実だから
あまり大きな声で反対を訴えられない、みたいな風潮が嫌です。

沖縄返還をテーマにした「運命の人」にどっぷり浸かっている私は
「沖縄のことなのに、沖縄の人が一丸になっていない違和感」
を感じたように
「福島のことなのに、福島の人が一丸になっていない違和感」
を感じています。
本木雅弘演じる弓成亮太の一人相撲みたいなものを福島では見たくない、という
感じです。

芸能人がどうこうじゃない、じゃない?
住んでいる人が「大したことじゃない」って意識を持っているように感じます。
現地にいないから、本当は何とも言えないんですけど。
反論もたくさんあると思いますけど。
外から見てる分には、そう見えます、ということです。

それ自体がとてもこわいことだ、と思います。
そして、それがとっても日本人的だと感じます。

小西さんのところにいたと思ったら今は吹石さんのところまでいきましたか?吹石さん、玄関前に塩でも盛りましたかね。ましゃはまだまりぃさんところまでは行きませんか?まぁ古代中国の皇帝みたいな人だから原発どころではないでしょうね。(ましゃの“浮浪雲”ってのも見てみたい。その時の主題歌はシオンの“遊ぼうよ”をましゃがカバー。どう?)

なぜ沖縄も福島も一丸になれないのか? 一言で言えばやはり“お金”で引き裂かれているという事でしょうか?

沖縄の海ほど美しいものはないと言われていても、それを利権や国情で潰そうとするのが人間です。(勿論お金をばらまいて…。)

自分の中にもそれに惑わされてしまう自分がいることを認めますし、何よりもそこに怒りの声をあげなければならないと思います。それからです。

だから「プライスレス」って連呼するCMがあったのか!!

人間って実感を伴わないと行動には移らない(移せない?)ものなんですね。
しかも「失って気づくその大切さ」みたいなのにはうんざり。
みんな小さいときに「まんが日本昔ばなし」見てなかったの???

・・・だから「imagine」なのか。
「賢い人」って「想像力がある人」って話がありましたよね。

3月18日に宮城でましゃがラジオの生放送をやります。
毎度ながら彼の想像力(実行力を伴った)には頭が下がります。
だから好き。笑。

「塩」で来るくらいならとっくに盛ってるけど。
てか、今日だったらチョコでしょ。笑。
ほぴ村先生にチョコをあげてた時代が懐かしいです。
クリスマスだ、お花見だ、ってお酒飲んでた頃が懐かしいです。笑。
つかさのお寿司食べたいです・・・。

ましゃの「浮浪雲」は新しい意見ですね。
うで枕される機会があったら伝えておきます。笑。

連日の大雪に負けないでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/44069198

この記事へのトラックバック一覧です: 木村拓哉はジョン・レノンになれるだろうか?:

« これでいいの? | トップページ | 私のアルカディア »