« 野田首相はビートルズ発言を即刻撤回せよ! | トップページ | 四月馬鹿 »

2012年3月28日 (水)

“絆”循環プロジェクトスタート!

120328_1402010001


3/28(水)PM13:30〜15:00
竹田理事長のハウスにてレインボープラン発福島県避難者農場の仕事始め。
まずはキャベツ・レタスの播種作業からです。竹田理事長、横山事務局長の指導のもと福島市から避難して来たSさんご家族(お母さんと娘さん二人)と私の家族(私を含め義母と娘と息子)で行いました。大人は勿論子供たちも大活躍。トマトハウスの中は温かく子供たちは最後は下着になってお手伝いしてくれました。受粉用にトマトハウス内に放たれたクロマルハナバチも「ブンブン」と音をたてて応援してくれました。みな気持ち良い汗をかいて楽しかったと言ってくれました。 避難者の方々は皆それなりに事情を抱えていてなかなか一度に集まることができないのですが、まずは今ある戦力でどこまでできるかやってみます。(意外にも避難者のお子さんたちが乗り気です。なぜかそれを見ると泣けてきます。そしてこんな歌詞の一説を思い出しました。“若い世代の君たちには、年老いてゆくという恐怖は理解できないけれど、先輩たちは感じているんだ。だから君の若さで、先輩たちの手助けをしてやっておくれ。先輩たちは死ぬまで真実を追究するものだから…”)
これからも宜しく!

             

« 野田首相はビートルズ発言を即刻撤回せよ! | トップページ | 四月馬鹿 »

コメント

happy01子供たちが元気に駆け回れて、土に触れて、お手伝いできるのが何よりステキなことですね。
思えば、思いがけずの経緯でも、いまの状況がもっともタァさんらしいように思えます。
山形の美味しい野菜が届きました。ありがとうございます。アキさんも大喜びしています。システムが構築出来たら、我が家でもお願いします。
お母様のお手紙が同封されておりました。こちらもとても心温まるステキなものでした。やはり一筆お手紙というのは人柄がにじみ出るもので良いですね。お母様にもよろしくお伝えください。
と言いつつ、手紙の書かず、ネット書き込みにて失礼。

ほぴ村さんが、お子さまが小さいので、放射能の影響を考えて避難しているは、良い判断だと思う。僕も仕事の関係で、茨城県ひたちなか市に住んで6年になりますが、こちらで何かをおっ始めて新しい友達が出来るといったことはまだしてません。きっとほぴ村さんと気合いが違うからでしょう。退屈や寂しさを感じたらいわき市に顔だせばいいや位に考えてるからだと思います。しかし今や状況が変わり宿泊するビジネスホテルはいつも満室、兄は二本松市の仮説住宅てな具合で僕も何かを考え行動する季節なのかもしれません。

>善ちゃん、ありがとう。避難直後、僕が1号棟の班長で君が2号棟の班長だった。まだその座は空いているよ。いつでも待ってるよ。野菜は待ってて。

>じゃみんさん、長井に来て僕を手伝ってくれませんか?一緒にやれたら楽しいだろうし、心強いです。

ほぴ村さん、お誘いありがとうございます。現在僕は、以前のスタイルの9ヶ月働いて3ヶ月休むではなく、普通のサラリーマンと同じく月に9日休みの世界に変わったのです。従って手伝えるのは連休とっての月一回となります。それでよければ5月から顔だします。僕の勤務先が松戸工場から水戸営業所に変わったため、アパートから徒歩15分の通勤となりました。まあ手伝いというよりは顔みせもしくは小旅行みたいなものです。

月1回でも心強い。お会い出来ること楽しみにしております。

 このプロジェクトのブログをつくったとのこと。アドレスをリンクしてください。

このプロジェクトというよりはレインボープラン市民農場のブログです。
それは「ストレートコーヒー」の欄にあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/44668876

この記事へのトラックバック一覧です: “絆”循環プロジェクトスタート!:

« 野田首相はビートルズ発言を即刻撤回せよ! | トップページ | 四月馬鹿 »