« 多様性こそが豊かさ〜さよならレボン・ヘルム | トップページ | 若葉のころ »

2012年4月29日 (日)

何でも屋

ブルース・スプリングスティーンの最新作は震災・原発事故後の日本にもピッタリとハマる。
それもそのはず。
アメリカ一般大衆と我々は共通の敵と戦っているのだから。

ここまで“怒り”に駆られたBossははじめて。


おまえの芝を刈ってやるよ
排水溝の落ち葉も取ってやる
屋根も直してやる、雨が漏らないように
神が与えてくれる仕事は何でもする
俺は何でも屋
ハニー、俺たちは何とかやっていける

釘うちはもちろん、宝石だってはめられる
作物の穫り入れもしてやるよ
豊かに実ったときには
エンジンを分解し
軽快に動き出すまで修理してやるよ
俺は何でも屋、俺たちは何とかやっていける

ハリケーンが吹き荒れ、土砂降りの雨
空が割れたかのよう
これからは世界が変わる気がする
みんな互いに支え合うようになるかもしれない
イエスが、そうしなさいと言ったように
俺は何でも屋、俺たちは何とかやっていける

銀行屋はぶくぶく太り
労働者はますます痩せる
前にも起った、これからもまた起る
奴らは確信してる、俺たちの犠牲の上に
俺は何でも屋
ダーリン、大丈夫、何とかやっていける

時には明日はやってくる
福と災い禍福あざなえる縄のごとく
旱魃に耐えたのだから、洪水にも耐えられる
新しい世界がやってくる、俺には光が見える
俺は何でも屋、大丈夫、何とかやっていける

あるものを使うんだ
やりくりすることを学ぶんだ
古いものを、新しくするんだ
もし俺に銃があったら、俺は
あの酷い奴らを見つけ出し、その場で撃つだろう
俺は何でも屋、大丈夫、
俺は何でも屋、何とかやっていける

                 対訳 三浦久

« 多様性こそが豊かさ〜さよならレボン・ヘルム | トップページ | 若葉のころ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/45062087

この記事へのトラックバック一覧です: 何でも屋:

« 多様性こそが豊かさ〜さよならレボン・ヘルム | トップページ | 若葉のころ »