« 水無月 | トップページ | 再稼働なんて国辱もの »

2012年6月 4日 (月)

福島県人にとっては今や常識

ドイツが製作した番組らしい。長いけど、頑張って見てください。福島県人にとっては今や常識。でも日本の馬鹿番組ばっか見ていると常識も非常識になるらしい。メディア・ファシズム、プロパガンダの影響から逃れるためにもどうぞ。

« 水無月 | トップページ | 再稼働なんて国辱もの »

コメント

ウーン。国の中枢部、とりわけ原発推進派、原発をを止められない多くの方々のご家族、ご親戚の皆さんにこの動画をみてくれと呼びかけたい。
そして「直接、間接に放射能汚染に苦しんでいる多くの人々、未来の子供たち、すべての命あるものから確信犯の汚名がついて回ります。人の道を外れてはいませんか」と問いかけてください。
未来を思うみんなでこの画像拡散しょうではありませんか。

虹太郎さん、コメントありがとうございます。

本当はすべての日本人にとって常識であらねばならない情報ですが、残念ながら旧態依然としたマスメディアに煙幕をはられて巷では深刻が薄れていく一方です。

原発情報に関してもデジタル・ディバイド(情報技術 (IT) を使いこなせる者と使いこなせない者の間に格差)が起っているとずっと感じてきましたが、ジェネレーション・ギャップとエリア間のギャップは今日本を二分にも三分にもしているように思います。

ネット情報は玉石混合ですが、テレビや新聞よりも真実を探り当てる余地が残されてるように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/45530136

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県人にとっては今や常識:

« 水無月 | トップページ | 再稼働なんて国辱もの »