« 「ならぬこと」が今日もまかり通る | トップページ | 原発避難者の手による復興支援酒「甦る」完成 »

2013年1月22日 (火)

鐘が鳴ってる

鐘が鳴ってる。僕には聞こえる。でもまだ「金が生っている」って人が多いみたいだ。
除染作業も利権。原発推進側の資金源。
福島県と原発の安全神話の復活。
マスメディアは嘘の上塗り機関。

なんてこっちゃ。

« 「ならぬこと」が今日もまかり通る | トップページ | 原発避難者の手による復興支援酒「甦る」完成 »

コメント

浜省と言えば
「A NEW STYLE WAR」の歌詞の中に
ひび割れた原子力(NUCLEAR POWER) 雨に溶け 風に乗って

・・・まさしくそうなりました。福島は変です。医師も放射能の事を話すと不思議そうな顔をします。
311で水道が断水となり給水に集まっていた人々に放射性ヨウ素が撒き散らされたのにもかかわらずです。比較的セシウムなどは低い地域ですが、それでも近所の乾水した溜池では1.2μSv/hと家の中の10倍以上を検出しています。きっと事故直後ならセシウム134がもっとあったでしょう。そんな池の水を使って米作りしていいものかと思う次第です。

先日ドコまで行けるものかと35号線を北上したのですが楢葉手前で検問がありました。
途中、海竜の里に寄ったのですが子供を遊ばせていたりするんですよ・・・数キロ先は居住できない場所なのに・・・自分の方が間違ってるのかと錯覚するくらいに

コメントありがとうございます。
まさに福島県は現在も「A NEW STYLE WAR」のただ中にあるのだと思います。

放射能に関しては、なかった事にも知らなかったことにもできないはずのですが。
やむなく暮らすにしても子供の集まる場所に立て看板ぐらいあって欲しいものです。

チェルノブイリでは事故から数年して子供に異常が発生してから住民の大移動が始まりました。
福島県でも同じ事が起るのですから、今からするべきことは五輪招致や世界一を目指す事では
ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/48875493

この記事へのトラックバック一覧です: 鐘が鳴ってる:

« 「ならぬこと」が今日もまかり通る | トップページ | 原発避難者の手による復興支援酒「甦る」完成 »