« 私たちが見たもの〜長谷川集平の“およぐひと”〜 | トップページ | 2015年 さなぶり交流会〜理性も狂気と共にある〜 »

2013年5月13日 (月)

こうして二人はここにいる

           


昨日と一昨日、元の会社の同僚の結婚式があり仙台に行った。新婦は10年間私の会社の同僚で、その9年間を私の部下として私を支えてくれた女性だ。

だが上司と部下というよりは「マヌケな寅さんとしっかり者のさくら」という関係で頭の下がる想いでいっぱいだった。

前職の会社の代表も招待されていて本当なら顔向けできないところだが、事故後避難生活を送る私たちを励まし続けてくれた方だ。これには感謝以外に返す言葉がなかった。

(ボスをはじめ、教え子であり、後に同僚になったレイちゃん、元の同僚で東京で活躍するカッシー、結婚後も茨城で子供の指導にあたっているというタナカちゃん、皆元気そうで会えて嬉しかったデス。)

多くのことをくぐりぬけた後の結婚式。宮城県という最大級の津波被害を受けた場所での結婚式。

きっと参加した多くの方々のそれぞれにそれぞれの3.11があり、それを思うと私にとって、とても感慨深い結婚式だった。

私たち夫婦も、なんとか然るべき場所にたどり着いた。

二人もお互いがお互いの元へとたどり着いたたんだろう。

タケミちゃん、きれいでした。コウちゃん、坂本龍馬ってきっと君みたいな人だったんじゃないかな?

お互いを思いやるのはもちろん、お互いが大切にしているものも大切にしてあげてください。

いつまでもお幸せに!

P.S ケーキ運び係の息子が緊張からか興奮して、暴れていたのはご容赦ください。

« 私たちが見たもの〜長谷川集平の“およぐひと”〜 | トップページ | 2015年 さなぶり交流会〜理性も狂気と共にある〜 »

コメント

先日は遠い所をはるばるありがとうございました。
久々に先生のスピーチが聞けて嬉しかったです。
(今まで100回以上は聞いたけど、自分のために、というのは初めてだったもので)
そして、私のポテンシャルの高さ(美しさ?)をやっと披露できてほっとしています。
いいものが見られたでしょう???

「風の便りで知った」と我らのヒーロー「イサカ」から電話があり、祝福のメッセージをもらいました。「僕、呼ばれてないな」とも。
みんな、何かを感じながら各地で頑張っているようです。
若者は若者なりに、「このままじゃいかん」と思っているようです。

途切れたようでも繋がっていることを感じることのできた有意義な披露宴でした。
「キズナ」の強さを実感させられる5月となりました。
(日本ダービー、ボスは当てたかな・・・)

P.S 子どもの声が響く世界は明るくて好きです。大丈夫。それも良い思い出。
    披露宴のアルバムやビデオが納品されたら飲みながら鑑賞会やりましょう。笑。

長井は桜⇒白つつじ⇒あやめと花の見頃が続くので(ちなみに今は白つつじ)あやめの頃にでも一度いらしてみては?
村田家の引っ越しは大分落ち着いてきたから我が家で鑑賞会はどう?

披露宴後から我が家の坂本龍馬(ほんとかな?)は月曜日の朝に出掛け、金曜日の夜に帰ってくる、という生活が始まり、すでに別居状態です。笑。
でも、是非、うかがいます!!

お龍さん、耐えなきゃいけねぇよ。
辛くなったら長井へおいで、
タヌキにキツネ、クマがお待ちかねだぜ!(勝海舟風で)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/51615045

この記事へのトラックバック一覧です: こうして二人はここにいる:

« 私たちが見たもの〜長谷川集平の“およぐひと”〜 | トップページ | 2015年 さなぶり交流会〜理性も狂気と共にある〜 »