« 何処まで愛を失えば世界は光に気づくのか? | トップページ | 舌鼓が奏でるラブソング、或いはプロテストソング »

2013年8月10日 (土)

農業はポップミュージックに似ている

            
「農業はポップミュージックに似ている。」
 異議無し!
 以下をクリック!!
http://www.thefuturetimes.jp/gotoh/2012/07/the-future-times-3.php

良かったらこちらも!
http://www.thefuturetimes.jp/archive/no03/yamagata/

出来れば世界を僕は塗り変えたい 戦争をなくすような大逸れたことじゃない だけどちょっと それもあるよな 俳優や映画スターには成れない それどころか君の前でさえも上手に笑えない そんな僕に術はないよな 嗚呼… 何を間違った? それさえもわからないんだ ローリング ローリング 初めから持ってないのに胸が痛んだ 僕らはきっとこの先も 心絡まってローリング ローリング 凍てつく地面を転がるように走り出した 理由(わけ)もないのに何だか悲しい 泣けやしないから余計に救いがない そんな夜を温めるように歌うんだ 岩は転がって僕たちを 何処かに連れて行くように 固い地面を分けて命が芽生えた あの丘を越えたその先は 光り輝いたように 君の孤独も全て暴き出す朝だ 赤い小さな車は君を乗せて 遠く向こうの角を曲がって 此処からは見えなくなった 何をなくした? それさえもわからないんだ ローリング ローリング 初めから持ってないのに胸が痛んだ 僕らはきっとこの先も 心絡まってローリング ローリング 凍てつく世界を転がるように走り出した


« 何処まで愛を失えば世界は光に気づくのか? | トップページ | 舌鼓が奏でるラブソング、或いはプロテストソング »

コメント

ご無沙汰です。

お盆休みに主人の実家の近くにある「石ノ森漫画館」に行って来ました。

津波で相当大きな被害があったところです。

商店街(仮設)ではイベントがあったりしてにぎやかにしてましたが、未だに大きな爪痕

の残る場所です。

そこで町の中の建物の壁に書いてあったメッセージが心に突き刺さり、しばらく歩けな

かった。立ち尽くしてしまいました。

そこで、報告を。

(内容は2009年元旦に読売・朝日新聞に掲載されたものだそうです。)


(以下引用)


あれから45年。


人類は 戦争をやめたか。


武器を 捨てたか。


差別や貧困を 根絶したか。


物質文明は 人を幸せにしたか。


美しい地球を 取り戻したか。


科学は すべてを解決したか。


神は いたか。

世界は もう、サイボーグ009を必要としなくなったか。

・・・ね、考えさせられるでしょ?

ちなみにあれから45年、というには掲載されてから45年、らしいです。

状況は・・・悪くなっているよね?

放射性物質を自国に(自国だけでない)ばら撒く国って先進国って言えるの?

私の尊敬するある人がよく「落としどころ」って言葉を使ってたけど、

この国の「落としどころ」ってどこにあるの?

その彼はサイボーグ009の名前と得意技(?)をすらすら言えたっけなぁ。

(世代が違うので、合っているかは実は知らない。笑)

コメントありがとう。
そうだね。まずは現在も毎時1千万ベクレルの放射能を今も吐き続ける福島第一原子力発電所
を封じ込める事なんでしょうけど…。
 戦後にまれた日本とドイツの子供たちの力によって世界は調和を取り戻すかもしれないという
ホピの予言も日本のおかげで思い切り残念な結果になりそうだね。
僕はすでに日本人に失望しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/52814725

この記事へのトラックバック一覧です: 農業はポップミュージックに似ている:

« 何処まで愛を失えば世界は光に気づくのか? | トップページ | 舌鼓が奏でるラブソング、或いはプロテストソング »