« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

さようなら、ありがとう大瀧詠一

           

80年代に青春を過ごした僕らの思い出のあらゆる場面に彼の歌声とメロディーがある。

はっぴいえんどは後追いだったけど、ロンバケには間に合った。
そのことが嬉しかった。

「君は天然色」のイントロこそがきらびやかで罪深き80年代のファンファーレだった。
http://www.youtube.com/watch?v=n5LiNe1cpC8

大瀧詠一氏死去。ご冥福をお祈りします。

淋しい大晦日になってしまった。

2013年12月 8日 (日)

再出発 

            


“相手がどう反撃していいかわからないような戦法で僕は権力と戦いたい。”

“もし、みんなが新しいテレビの代わりに平和を要求するならば平和は実現出来るだろう。”

“あなたが受け取る愛はあなたが与える愛に等しい。”

“幸せになることに躊躇してはならない。”

                                     by ジョン・レノン

2013年12月 7日 (土)

転換点

Baslsqmcaaacvykjpglarge
特定秘密保護法案が成立してしまった。
だが、この法案は無効だ。
法律を超える最高法規である日本国憲法憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由」には「過度に広範ゆえ無効の法理」とか「不明確ゆえ無効の法理(あいまいゆえ無効の法理)」というのがあるとのこと。
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/12/post-664f.html

成立してしまったからといって冷めて傍観したり、あきらめたりする側にまわれば、年末年始をはさんで始まる通常国会における「共謀罪創設」や、集団的自衛権の憲法解釈変更につながる「国家安全保障法」成立まではまっしぐらだろう。

萎縮したらダークサイドに落ちてしまう。

「マンデラが死んだ日は日本の民主主義が死んだ日」なんて言わせない。

僕らは彼からバトンを受け継ぐのだ。

            

日本国憲法・第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »