« エーデルワイス | トップページ | 再出発  »

2013年12月 7日 (土)

転換点

Baslsqmcaaacvykjpglarge
特定秘密保護法案が成立してしまった。
だが、この法案は無効だ。
法律を超える最高法規である日本国憲法憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由」には「過度に広範ゆえ無効の法理」とか「不明確ゆえ無効の法理(あいまいゆえ無効の法理)」というのがあるとのこと。
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/12/post-664f.html

成立してしまったからといって冷めて傍観したり、あきらめたりする側にまわれば、年末年始をはさんで始まる通常国会における「共謀罪創設」や、集団的自衛権の憲法解釈変更につながる「国家安全保障法」成立まではまっしぐらだろう。

萎縮したらダークサイドに落ちてしまう。

「マンデラが死んだ日は日本の民主主義が死んだ日」なんて言わせない。

僕らは彼からバトンを受け継ぐのだ。

            

日本国憲法・第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

« エーデルワイス | トップページ | 再出発  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/54173694

この記事へのトラックバック一覧です: 転換点:

« エーデルワイス | トップページ | 再出発  »