« 妄想癖 | トップページ | 陽気であることをやめない »

2014年2月 9日 (日)

争点は「経済か?生命か?」だ

            

東京都知事選。「舛添氏勝利、脱原発争点にならず」との報道。

そうかな?

現在の選挙制度の限界ってことじゃない?

今回の選挙のようにワン・イシューを複数の候補者が掲げるってこと自体が争点である証しなのでは?

にも関わらず「争点にならず」で片付けてもらっちゃ困る。

原発事故の件はまだ片付いちゃいなし、それどころか現在も放射能はダダ漏れなのだ。

そこで新しい選挙制度を考えてみた。

当選してもらいたい人の名前と絶対に当選させたくない人の名前を書いて投票するってのはどうだろうか?

その格差で当選者を決めるってのは? 

当選してもらいたい人がいないから選挙行かないって奴も、あいつにだけはなって欲しくないってのを選ぶなら選挙に行くかもしれない。皆すでに政治には夢も希望もなくなって誰にも期待していないようだから、そっちの方が投票率上がったりして…。

だって雪が降ったから選挙に行かないって…。いくらなんでも半分以下の投票率で民意って呼べるのか?

選挙結果がどうだって「脱原発」はしなきゃならんでしょう? だって本当の争点は「経済か?生命か?」なんだから。

負ける度に民衆が増えていった「劉邦」みたいにならないかな?

巨大な運動になるのはこれからだ。

※(動画は既に「伝説のスピーチ」と呼ばれる今都知事選における南相馬市長桜井勝延氏の応援演説。)

目を覚ませよ、東京!

« 妄想癖 | トップページ | 陽気であることをやめない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/54930524

この記事へのトラックバック一覧です: 争点は「経済か?生命か?」だ:

« 妄想癖 | トップページ | 陽気であることをやめない »