« 九州電力の破局噴火予測 | トップページ | いつも負け〜いつも本当に欲しいものが手に入れられない »

2015年8月19日 (水)

いらぬ邪魔立てをするな


大学生活を送るために二人に一人が奨学金制度を利用し、そのうちその制度を利用する者の7割が有利子奨学金だそうだ。返済が遅れれば延滞金も発生するということで、こんなことをやっているのは先進国34カ国でアイスランドと日本ぐらいだとのこと。

 山本太郎氏によれば、他はほとんどが給付型なのに、利子や延滞金までつけて子供の将来に借金を背負わせるというサラ金みたいなことをやっているのだそうだ。この日本は。

何てことだと思う。

以前コーチング・セッションをしている時クライアントの方が自分の職場の部下を称して「欲望が小さく何をインセンティブにしたらいいのかわからない」と話し、しかしながらセッションを続けているうちに「彼らの方がまともで自分たちのほうが異常なのかもしれない」との結論に至ったことがあった。

"キャンパスに外車で乗り込む奴がいたり、同級生の女の子がみなブランドで身を固めて教室に現れたりした時代を基準に物事を考えてはいけない。”

そんな話しをしてお互い妙に納得したし、僕らの世代の肥大した欲望は原子力エネルギーに支えられていたのだからなおさらだ。

僕の眼には現代の若者たちが身の丈に合った欲望に合わせて、慎ましく暮らしているように見えるし、少なくとも自分の20代と比べて「たまには羽目を外したっていいのに…」と思うぐらい彼らはしっかりしている。

そんな彼らが若者として当たり前の、青春時代のささやかな欲望や憧れを奪われそうだからと直感して声を上げデモすることを僕は非難できない。

学生からサラ金まがいの手法で利子を巻き上げている連中ならなおさらそのはずなのだが。

この若者たちは「いつまでもこんなことをしていたくない。早く楽しかった日常に戻りたい」と話しているらしい。

自分の感受性ぐらい自分で守ろうとしているだけなのだ。

いらぬ邪魔立てをするな。


  恋の寿命

        Galileo Galilei

もしも悲しみが爪をといで 
あなたのことを引き裂こうと近づいても 
僕がそこで 終わらせる きっとその悪夢を
楽天家気取りでいたいんだ 何気ない強さがほしいんだ
君のために 僕のために 魂だって叩き売ったっていいんだ
その覚悟が僕にはね あるんだ
それでも
君との日々がこう言うんだ
「いつかね」って 「いつなの?」って
ずっとそんな調子だった 
こぼれおちた涙を拾うよ
「どうしよう」って 「なにしよう」って 
考えてたら朝になって
こんな風に 僕らはだれていたいだけ
それじゃだめ?

日が落ちるまでには決めようぜ 
ほつれはちぎって風に飛ばそう
走っていく 走っていく スピードをあげてく この恋は
あわよくば すべてうまくいって 幸せな最後を飾るんだ
泣かないでくれ 裏切らないで 
明日もその明日も 僕のそばにいてくれ 
その覚悟が僕にはね あるんだ
それでも
君との日々が叫んでいた
「愛する」って 「なんなの?」って 
ずっと僕ら問われていて
「待ってる」って君は目を閉じてた
「どうしよう」って 「なにしよう」って 
迷ってたら朝になって
こんな風が 僕は気に入っていた
それなら
決心しよう 明日へと飛び込むように
約束しよう 二人で ここからでてく
愛の証明 さがして もつれていた糸
少しずつ僕らは ほどいてしまって

「いつまで」って 「永遠に」って 
ほんとうなんだ
でも君は笑って僕をみていた
ああもういいや なんだったっけ 話してたら朝になって
そんな風に 僕らはじゃれていたいだろ それなら
いつか向かえる恋の寿命を 先へ先へ 引き延ばして
ヴァンパイアの恋人みたいにさ
君といたい 
それじゃだめ?

« 九州電力の破局噴火予測 | トップページ | いつも負け〜いつも本当に欲しいものが手に入れられない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/61243483

この記事へのトラックバック一覧です: いらぬ邪魔立てをするな:

« 九州電力の破局噴火予測 | トップページ | いつも負け〜いつも本当に欲しいものが手に入れられない »