« いつも負け〜いつも本当に欲しいものが手に入れられない | トップページ | 「うぇるかむ」69号より転載 »

2016年1月29日 (金)

この更新はMarch

       

 昨年11月から長井で学習塾を始めたことや、年末年始の挨拶など、日々色々なことに遭遇してあれこれ考えているわりには昨年の10月からこのブログを更新できていないことことが気になっていました。

ちょうど長井市社会福祉協議会から依頼されて書いた文章が上記のどちらのことにも触れているので遅ればせながらその文章をこちらにも転載させていただきます。

以下がその文章です。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

あけましておめでとうございます。
一昨年の12月より「新鮮野菜から始まるインタープリテーション」と題して「福幸ヴィレッジ」の名で長井の野菜を県外の方々へお届けする個人事業を行って参りました。インタープリテーションとは自然・文化・歴史・産業をわかりやすく人々に伝えることであり、単なる情報の提供ではなく直接体験や教材を通し、事物や事象の背後にある意味や関係を明らかにすることを目的とした教育活動です。

私たちから野菜を購入された県外の方々に長井を訪れていただき、自然体験や収穫体験、いにしえの暮らしに宿る知恵や時間を体験していただくことで心身ともに解放されることを切に願いこの事業に取り組んでおります。今後ともお力添えのほど宜しくお願い致します。

またその活動を通して野菜を購入してくれた方の中から、野菜の生産現場を一目見てみたいと長井を訪れた埼玉県出身の青年とのご縁があり、彼と共に昨年の11月から震災・原発事故前の生業であった学習塾を「七色学舎」https://www.facebook.com/nanairogakusha/の名で、屋城町の松竹会館の一角をお借りしてスタートさせました。小中学生を対象とし、教科書と教科書に準拠した教材を使った学習塾ですが、以前の塾でも実施していた春秋のバスハイクやアウトドア合宿、土日には上記した考え方を活かした取り組み等も実践し、いずれは福島の子ども達との交流にまで発展させられれば考えております。

(小学生は国算理社を対象科目に1回60分×2コマを週2回で10000円、中学生は国数英理社を対象科目に1回60分×2コマを週3回で15000円となっております。各学年通塾日が決まっておりますので詳しくは☎87-1270 村田までご連絡ください)

3.11以前に享受していた私たちの生活は、子ども達に約1000兆円の借金を押し付け。使用前と比べればはるかに毒性が高い使用済み核燃料19000トンを押し付けることで成り立っていました。そしてそれに加えて先の原発事故では世界史上類例を見ないほどの甚大な環境汚染を押し付けることとなりました。

そのような社会を構成していた大人の一人として、長井の食材や自然に触れた方々とそのことを一緒に考えたいと思いますし、七色学舎で勉強してくれる子ども達が単なる机上の学問にとどまらず、多様な価値観や自然との共生をも学びながら自立してくれることを願って精進していきたいと思います。

本年もよろしくお願い致します!!

                     福幸ヴィレッジ
                     総合学習指導塾 七色学舎 代表 村田 孝

« いつも負け〜いつも本当に欲しいものが手に入れられない | トップページ | 「うぇるかむ」69号より転載 »

コメント

塾開校おめでとうございます!たとえばなんだけど、受験には直接関係ないが公開授業とかをする気はないですか? 異文化コミュニケーションの授業、アンガーマネジメントを保護者向けに。 とか。ようこそ先輩の出前授業みたいなのとか。長井のこどもたち、福島のこどもたち、鎌倉のこどもたち。いろいろ交流できたらたのしいよね。友人は宮城で英語の読書会をやってます。被災したとても子どもたちが心落ち着くといいますよ。

いろいろなことをやろうと思います。七色学舎ですからね(笑)
今は従来のスタイルで進めていますが、雪が解けたら徐々に。

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/63693315

この記事へのトラックバック一覧です: この更新はMarch:

« いつも負け〜いつも本当に欲しいものが手に入れられない | トップページ | 「うぇるかむ」69号より転載 »