« スマイルふくろうプロジェクトのこと | トップページ | FBより転載 魚肉ソーセージ »

2016年2月 4日 (木)

灰色の男たち〜山賊と渡り鳥の歌〜

       

「ブログを読むと村田さんってとても恐い人なのかと思ったけど、会ってみると全然ちがいますね。」

何人の人にそう言われただろうか?

二人の兄のうち長男からは「お前はハッキリもの言い過ぎる」と言われ次男からは「なんかの変な宗教か派閥の思想にかぶれた変な奴だと思われるから気をつけろ」と嗜められたこともある。

だからよく福幸ファームで農作業をしていたとき低空飛行でヘリコプターなんかが頭上に飛んでくると仲間たちに

「今ヘリにゴルゴ13が乗ってて俺のこと狙ってるの見た!」とかいって納屋にみんなで避難して大笑いしていた。

「そろそろいいかな?」ってみんなで納屋から出たらヘリが旋回して再び僕らの方に向かって飛んで来たときには本当にあせって、それからまた爆笑した。

でも何かに狙われているという感覚はあながち嘘じゃなくて、僕がいつも気をつけているのはミヒャエル・エンデの童話に出てくる「時間貯蓄銀行」の灰色の男たちだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/モモ_(児童文学)

時間と心の余裕だけは奪われたくはないのだ。

暮らしの転換はまずはそこからだと思うからだ。

« スマイルふくろうプロジェクトのこと | トップページ | FBより転載 魚肉ソーセージ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/63789380

この記事へのトラックバック一覧です: 灰色の男たち〜山賊と渡り鳥の歌〜:

« スマイルふくろうプロジェクトのこと | トップページ | FBより転載 魚肉ソーセージ »