« ハル、新入学おめでとう! | トップページ | 鈴木酒造店長井蔵 一生幸福 金賞受賞 祝賀会 »

2017年2月28日 (火)

フリージア〜9回目の母の命日〜

         
                                                           

片付けをしていたら以前の職場で使用していたリムーバルディスクが出てきた。中を覗いてみたらこんなテキストが。

この文章を読んでから、そうか、今日は母の命日かと気づいた。

”人恋しいときは君に会いに行くだろう
一人になりたい時は君と語り合うだろう
 裏切られた時は君に感謝するだろう
そして性懲りも無くまた頂を目指すだろう”

最後の最後まで僕ら息子たちの無事を祈り続けた人。

僕も神様にお祈りする時はそればっかりだ。

紛れも無く、僕は母の息子だ。


♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

「愛を伝える技術~父の記憶・母の記憶~」 

                                            平校 村田 陵思

保護者面談をすると、しっかりとした考えを持って子育てに取り組んでいる親御さんがおられ、かえってこちらが勉強させていただく場面に多々出くわします。

 先日お会いしたお父さんは子供たちには「頑固おやじ」と恐れられる今時珍しい(私には懐かしい!)タイプの方でしたが、面談ではとても穏やかに子育てに対する考えを話してくださいました。お話の中には共感できる部分が数多くあり、私が遅ればせながら2人の乳幼児を抱える「新米とーしゃん」であることを打ち明けると「親としてどんなに間違った言動をとってしまったとしても、しっかりと愛情を持って接していることが伝われば、子どもはおかしなことにはならないと思いますよ。」となんとも心強いお言葉。一体誰の面談なのかわからなくなってしまいました。
さて、そのようなことがあり、その面談の後しばらくして、もし人が一人前に成長する過程で、何度も親の愛情を感じる場面があるとしたら、私自身にとってのそれはいついかなる場面であったのかについて考えてみました。
 すでに他界している両親の事を思うと、それぞれに思い起こす場面があります。

わんぱくな男の子3人を育てるのはきれいごとではすまなかったのか、父からは拳骨をもらうこともしばしばありました。特に激しく叱られた日などはなかなか寝付けず、布団の中であれこれ考えていると、そんな日に限って父は私達兄弟の寝室に現れ、寝たふりをしている私達の布団を直してくれるのです。するとなぜかそれだけのことでスッキリとした気持ちで眠れたことを覚えています。

また、私達が「カギっ子になった日」の記憶も鮮明です。末っ子の私が小学2年生、長男の兄が小学6年生のある日、家に帰ると誰もおらず、テーブルの上に当時流行りのランチジャー3人分と書き置きがありました。書き置きには母が描いたであろうヘンテコな「仮面ライダー」と、吹き出しの中には私達への励ましの言葉がありました。それは当時私達が大好きだった仮面ライダーを使って、少しでも寂しがらせまいとした母の気持ちが描かせたもので、そのヘンテコライダーに難癖をつけながらも泣きべそをかきながら夕食を食べた思い出があります。寂しさ半分、嬉しさ半分で食べたかすかな温もりが残るランチジャー。あの夕食の味は忘れることができません。そして不器用ながらも懸命に愛情を伝えようとしてくれた今は亡き両親に感謝しています。

もし私達が平凡に、人並みに過ごしている日々が、親によって積み重ねられた愛情の記憶によって支えられているとしたら、私達大人が、親が磨かなければならないのは「愛を伝える技術」に他ならないと強く感じます。
塾生の親御さんとともに、私も一人の父親として成長できたらと思います。そして子供たちの中にも私なりの愛情を確かな記憶として刻みつけてやりたいと思います。

« ハル、新入学おめでとう! | トップページ | 鈴木酒造店長井蔵 一生幸福 金賞受賞 祝賀会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1548031/69757243

この記事へのトラックバック一覧です: フリージア〜9回目の母の命日〜:

« ハル、新入学おめでとう! | トップページ | 鈴木酒造店長井蔵 一生幸福 金賞受賞 祝賀会 »